Ani東

 東海地方のアニメ事情観察や適当なアニ感
07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 09
--/--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--】 | スポンサー広告 |


2006/06/24/Sat

ザ・サード~蒼い瞳の少女~ #8

[ テーマ:ザ・サード~蒼い瞳の少女~ - ジャンル:アニメ・コミック ]

第8話「エンポリウムの午後」

作画クオリティが前の良かったときのに戻ってて一安心。冒頭のCGでの砂竜の群れが火乃香の砂上戦車に迫ってきて、それを振り切るシーンは凄かったよ。砂上戦車が勢いでバウンドしていたシーンも、さすがの一言に尽きる。
で、今回は特別な能力(マインドコントロール?)が使える新キャラのパイフウ登場や謎の邪教集団が町をうろついたり、ザ・サードが警戒する歪曲場の存在など、新章らしく話も動き出して面白くなってきた。特に今回は新キャラのパイフウの着替えシーンでパンツを履くシーンなんか悩殺されたよ。 あとはミリィが楽しそうに毎日を過ごしてる姿が観れたのは良かったなあ。あの無邪気な感じが実に愛くるしいよ。ここまでで妄想は置いといて、今回の話で惑星そのものに危機が迫ってることが発覚。この危機に火乃香が感じ取ってるのが気になるなあ。あと、この場にイクスがいないのが1番引っ掛かる。最後はエンポリウムの行政局が火乃香に砂竜の群れを発生させている砂竜の巣の調査を依頼して次回へ。ザ・サードが捜査しようとしてるのと一致したな。次回はパイフウが火乃香の調査に同行して、ウハウハに(死ね

スポンサーサイト
2006/06/24】 | アニメ感想2006春 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |


<<機神咆吼デモンベイン #4 | BLOG TOP | Fate/stay night #24(終)>>


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


| BLOG TOP |

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://anito.blog56.fc2.com/tb.php/259-3f19ff3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
07  06  05  04  03 

Counter  
諸注意
このBlogはIE6.0、以降で動作確認済みです。横1000px以上、文字サイズは中推奨。
アニメの感想にはネタバレも含んでいますので、見るのは自己責任で。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。